アスリートが使えるCBD

この前スポーツとCBDというブログで
WADAがCBDを禁止物質から外した話をしました。

スポーツとCBD

WADAが実際にどのように規定しているのかを見ていきましょう。



S8 カンナビノイド

競技会時に禁止される

この分類における全ての禁止物質は特定物質である
濫用物質:テトラヒドロカンナビノール(THC)

濫用物質とはスポーツの領域以外で社会において使用される頻度が多くある(濫用されている)
ため、禁止物質として具体的に特定される物質のことです。

カンナビノイドとは大麻の成分として分離された成分の名称で
CBD、THCが代表的な物質ですがそれ以外に100種類以上発見されています。


全ての天然および合成カンナビノイドは禁止される
例えば
#大麻(ハシュシュ(大麻樹脂)およびマリファナ)および大麻製品に含まれるもの
#天然および合成テトラヒドロカンナビノール( THCs)
#THCの効果を模倣する合成カンナビノイド等

と書いてあります。
(途中の斜体は私の追加説明になります。)

最後に例外としてカンナビジオールと書いてあります。

確かにCBDは認められたのですが、それ以外のカンナビノイドは全て禁止物質になります。
ヘンプのCBD製品の場合、完全にTHCを取り除く事はほぼ不可能です!
そしてその微量のTHCがいつまで血中に残るのかが問題になります。
ずっと飲んでいると検出感度以下のTHCが果たして同じレベルなのかどうかわかりません。

そんなことを考えるくらいなら最初からヘンプのCBDを使わない方がずっと安心ですよね。

Kriyaならその心配は無用です。
最初からTHCは含まれていないし
最上級の花から抽出したものしか使っていませんから。

ということで前回の東京オリンピックで海外の選手の中には
Kriyaを飲んでいた人もいたようです。


スポーツとCBD

スポーツとCBD

2018年に世界アンチドーピング機構(WADA)がCBDを禁止物質から外したことで
世界ではCBDを使っているアスリートが増えています。
東京オリンピックでも選手がCBDを結構持ち込んでいたという話も聞きます。

日本ではヘンプ由来のCBDについてアイソレート(CBDのみという意味)と表示されていても
微量のTHCが含まれている危険性があるためドーピングを厳しく検査される
アスリートは使うのを躊躇ってしまうことがあるということもあります。

世界のアスリートがCBDを使う目的というのは
抗炎症
神経保護作用
鎮痛効果
抗不安効果
疲労回復促進
などを期待してのことだと言われています。

KriyaはTHCが含まれない高品質のCBDであり
実は特にアメリカではアスリートが使用しています。

今年になって整体+パーソナルジムで弛んだ身体を整えている私ですが始めた頃はジムに行く日の朝はしっかり水溶性のミラクルホップを多めに飲んで身体を整えていました。でないとトレーニングができるような感じがしなかったのです。
数ヶ月経った今ですがカプセルかオイルを飲んで整えていてジムが終わった後に水溶性のミラクルホップを多めに飲んでいます。それ以外に身体が色々欲しがるようになりプロテインパウダーを飲んだり
しています。

週1回 1時間のトレーニングで効果が出るのかって?
確実に出ております。
だから1時間のトレーニングでこなす量も増えて追い込まれ方も・・・?
一人でやったら絶対にできないよねこの追い込みはと考えております。

私の感覚としてはKriyaを使ってなかったら
もっとゆっくりしか効果が出なかったし
ひょっとしたら根を上げていたかもって思っています。

使ってみようかなと考えているアスリートの方々、そして運動不足だから体を動かさないとと思っているあなた、
Kriyaをうまく使ってトレーニングするっていうのはどうでしょうか。



私のことを知っている方は、元々登山やスキーをガンガンしていたからできるのでしょ?って思っている方もいると思います。
実はトレーニング中に顔が白くなったことは1度や2度ではなくてSpO2(血中酸素濃度)を測られたこともあります? そんな私が身体を戻すことができたのです??

実はまだ完全ではないのですが体はやっただけ答えてくれるというのを
実感しています。

20年以上前に歩行障害について講義をしてほしいと医師会の先生に頼まれた時に色々調べました。
その時に高齢になって初めて運動をした方の話があり
確実に筋肉がついて変わったんですよ。
そんなことなら若い頃から運動をしておけば良かったという感想もついていました。

そのことを知ってからは患者さんには常々幾つになっても
筋肉はつくからねと話をしていました。

だからこそしばらくサボっていた私の体を整えようと決心したわけであり
元々運動をしていたためできるはずで怪我をする危険も知っていたからこそ
今のような形でトレーニングすることになりました。


ランナーズ・ハイ

ランナーズ・ハイになったことありますか?

ランニングをすると呼吸が速くなり、心臓の鼓動も速くなります。
それは快適な感覚ではなくしんどいと感じる人の方が多いのではないでしょうか。

ランナーズ・ハイとはその状態が抜けると急に多幸感に包まれた
状態になることです。
実は走っている最中にこの状態になる人は案外少なく
走り終わってからしか感じない人の方が多いようです。

その時に体に起こっているのは脳内にエンドルフィンが増えるからだと言われています。
このエンドルフィンのことを脳内モルフィネとも言います。

しかし、調べていくと運動によって血中のエンドルフィンが増えることは確かですが
これは血液脳関門を通過できないのです。

血液脳関門というのは脳に有害なものを入れないように、そして脳から不必要に必要な物質を
出さないようにしている関門です。

つまり、エンドルフィンは脳の血管の中には移動できないことがわかりました。

では何が多幸感をもたらすのでしょうか?



運動をすると血中の内因性カンナビノイドが増えることが分かっています。
内因性カンナイノイドは血液脳関門を通過することができます。

今では運動により多幸感に包まれ、リラックスした感覚になるのは
この内因性カンナイノイドが増えたことによると言われています。

適度な運動が内因性カンナビノイドシステムを整えて
私たちの健康に関与するというのはこのことです。



思い込み

こうしないといけない、こうじゃなきゃいけない

そう思っていることってたくさんありませんか?

私は先日夜遅くに急に部屋の模様替えをしました。
ここに引っ越してきて4年以上経つのですが
ソファはテレビの前に置かないといけないでしょと
思っていました。

急にソファってここじゃなくてもいいんじゃないの?って
思って動かしたのですが
今までの思い込みはなんだったの?

こっちの方が部屋が広く感じるし別にテレビを見たい時には
座り方を変えたらちゃんと見えるじゃない。
床に座っても良いわけだしって気づきました。



単に自分の中で決めていることで
息苦しくなっていることってたくさんあると思います。

私は強度の近視です。
若い頃はしっかりと矯正していないと嫌でした。
ある時そこまでしなくても良いじゃないって気づきました。
過矯正していることでいつも眼精疲労だったんです。
そしてぼーっとすることができなかったとも言えるでしょう。

多分誰でも何かこだわりがあると思います。
気づいたら心がガチガチになって体もガチガチになって
しまうかもしれません。

ちょっと見る方向を変えてみると
案外楽になることがたくさんあると思います。

そうそう、部屋の状態は心の状態の反映だとも言われますから
まず自分の部屋を眺めてみると何か気づくことがあるかも
しれません。







睡眠と貧血

休日にゆっくり眠るの好きですか?

私は本当に好きでした。
お布団が気持ちよくてずっと寝ていたい。
お昼寝しても夜になるとすぐ眠れる。

お布団に入ると3分以内に眠りにつくし
当直で起こされてもすぐにまた眠れるし
不眠なんて無縁でした。
なんて幸せな気分なんだろうって思っていました。



それが貧血のためだったと気付いたのは
貧血がなくなってからです。

朝目が覚めたらスッと寝床から出て
よほどのことがない限りもう一度寝るということも無くなりました。

そして一番の変化は昼間に眠くて仕方ないということが
ほとんどなくなったのです。

献血ができても貧血のことがあります

私は献血ができるから貧血はないと思っている人もいると思います。
献血は貧血のあるなしではなくて比重で決めています。

実は貧血でかなり鉄欠乏していても献血ができることは結構あります。

以前献血の後だるくてしんどいと受診された患者さんがいました。
鉄もフェリチンもしっかり少なかったのに
献血したから余計にしんどくなっていたということが分かりました。

寝るのが大好きという人は一度鉄とフェリチンをちゃんと測ってもらいましょう。




スポーツとKriya Hops

スポーツとCBD
数年前まで休みになると山やスキーに出かけていたのですが
最近はめっきり行かなくなりました。

その頃にKriya Hopsに出会っていたら多分全然違ったのではないかなと
思っています。

と言うのは



山で事故があるたびに言われるのが
自己責任で山に行ったのに税金を使って・・・・という言葉の数々です。

当時私は山岳保険をかけていました。

でも基本は自己責任です。

生身の人間ですから色々なことが起こります。
痛み止めの薬、下痢止めの薬、抗生剤、胃薬、テーピングテープ、包帯などは
いつも持って歩いていました。

あの頃にKriya Hopsがあったら多分薬は持ち歩かなくても
良かったのではないかと思います。

今日は嬉しいことに友人のテニス肘が
1回の水溶性のKriya Hops と錠剤で軽快しました。

唐辛子

体が暖かくなる食べ物

日本の多くの季節で桜も終わったのですが
まだまだ朝晩は涼しいことがあります。

冬も終わったからと少し薄着になると冷えてしまう人もたくさんいるのではないでしょうか。
冷え性を改善するのはちゃんと筋肉をつけることが大事です。

でもとにかく冷えた時に速攻に体を温めてくれる食材の一つが唐辛子です。



イタリア語でペペロンチーノは唐辛子のこと。
パスタでペペロンチーノと名前のついたメニューを注文するとしっかりと唐辛子が
入ったピリッとした味のソースが絡めてあります。

食べた後にポカポカと体が暖かくなるのはペペロンチーノに含まれている
カプサイシンという物質のためです。

足の冷えのために靴や靴下に鷹の爪を入れるといいという話を聞いたことは
ないでしょうか。
これも唐辛子です。

内因性カンナビノイド
もカプサイシンが反応するレセプターに作用します。

そしてCBDも同じです。
CBDを摂ると体がポカポカすると感じるのはこの作用のためです。

体が温まる食べ物といえば生姜もあります。
これはショウガオールという物質がやはりカプサイシンと同じレセプターに反応するからです。

このレセプター、カプサイシン受容体TRPV1と言われていますが
痛みにも関連しています。

冷えると痛い、温まると痛みが楽になるという経験はないですか?
風邪の引きかけで寒気がして身体中の関節が痛い時に生姜湯など温かい飲み物を
飲んで体が温まるだけで痛みも楽になるというのも同様です。

実は一般的に使われている痛み止めは解熱鎮痛剤と言われていて
冷やす作用があります。

常備薬として痛み止めと持っている人も多いと思いますが
どう使うか今一度考えてみるのもいいかもしれません。






ペットとCBD

ペットにCBDは使える?

今日本でも人間のみならずペットへのCBDについて関心が高まっています。
アメリカでの現状やペットへCBDを与えるときの注意点について考えてみましょう。
以下にDr.Josephのブログを紹介します。

犬用のCBDは、現在、人間用のCBDよりもさらに人気があります。しかし、人間用のCBDと同じ ものを犬にも安全に与えることができるのでしょうか?
製薬会社の鎮痛剤や薬は、人間には副作用が強く、動物にはあまり良くないことがわかっていま す。そこで、牧場主や農家は天然の代替品に目を向けており、CBDは圧倒的な人気を誇っていま す。コーネル大学の研究者によると、CBDオイルを1日2回摂取した関節炎の犬は、痛みが大幅に 減少し、活動量が増加したそうです。
2019年に行われたてんかんの犬を対象としたCBDの研究では、CBDの血中濃度が高いと、発作 の頻度が低くなるという証拠が発見されました。
米国の2000人以上の獣医師を対象としたオンライン調査では、以下の症状がCBDによる治療に 適していることが示唆されました。痛み、関節炎、発作、胃腸障害、不安・気分障害、腫瘍、乗 り物酔い、花火・嵐恐怖症。

ペットのためのCBDには、THCを含んではならないという注意点がありました。多くの州でマリ ファナが合法化されたことにより、ペットのマリファナ中毒が動物用毒物管理センターへの問い 合わせの主な原因となっています。
ペット用のCBDの原料としては、ヘンプが人気です。しかしヘンプは、たとえ「検出されない」 ヘンプであっても、ペットに有害なTHCを微量に含んでいます。この記事では、CBDのもう一つ の安全な選択肢を検討します。



ヘンプCBDは犬に悪い?

ヘンプCBDに含まれるTHCは、ペットにとって有害です。たとえ微量であってもです。獣医師た ちは何年も前からこのことを警告しています。
THCはペットに “ハイ “な気分をもたらします。意識が朦朧とし、混乱しているように見えるかも しれません。歩行やバランスの維持が困難になります。その他の症状は以下の通りです。

瞳孔拡大
多動性
う~っと声を出す
よだれを垂らす
嘔吐(おうと) 頻尿

その他の問題 THCにさらされると、心拍数や体温にも影響が出てきます。重度の場合は、震えや痙攣、昏睡などを引き起こすこともあります。重症度は、THCの量に加え、ペットの大きさなどの他の要素によって異なります。

ペットのTHC暴露のリスクと原因


人間に人気のあるヘンプからのCBD。多くのペットオーナーは、このCBDを愛犬、愛猫に与えています。 THCを含まないヘンプのCBDは存在しません
したがって、ペットにとっては危険な CBDの供給源であり、避けるべきです。
犬はとても好奇心旺盛な生き物です。あなたが使っているものはペットが食べるものではないと思うかもしれません。しかし、動物用毒物管理センターに頻繁に電話がかかってくるということ は、あなたが隠し持っているヘンプCBDがペットにとって有害なものであることを示しています。

猫は犬よりも好き嫌いが激しい傾向がありますが、家の中で大麻を栽培している場合は、大麻の葉をかじるのが大好きです。(注:大麻が許可されている地域の話です)THCを含む嗜好品は、 ペットにとってかなり美味しいものです。ガンジャのブラウニーやクッキー、チョコレートなどの おやつは、彼らにとって間違いなく有害な誘惑です。

また、合成CBDも問題になっていますが、これは人間よりもペットに深刻な影響を与えます。

ホップを使った強力な代替品

アジアのホップのみを使用した、 100%天然の植物性CBDサプリメン トです。
特許取得済み(米国特許番号US PP31,477)のKriyaホップ植物には、非向精神性カンナビノイ ドであるCBD、テルペン類、プレニルフラボノイドが多く含まれています。この植物には当然な がらTHCは含まれていません:ほんのわずかな量でも。Kriya Hopsに使用されているホップ は、ビールの醸造に使用される一般的なホップ(Humulus lupulus)のつるに近い親戚です。 Kriya Hopsは穏やかですが、エンドカンナビノイドシステムのバランスを整える強力な効果があ ります。
しかし、大麻製品とは異なり、酩酊、パラノイア、認知障害などの好ましくない影響のリスクを伴 いません。

Kriya Hopsに含まれる活性化合物は、天然の植物性神経伝達物質として作用し、免疫系、腸、 骨、脳などにあるCB2受容体を活性化します。Kriya Hopsは強力な免疫賦活剤であり、穏やか な気分と健康的な炎症反応を促進する一般的な強壮剤としても使用できます。

Kriya Hopsは合成およびヘンプ由来のCBDよりも優れています。

すべてのCBDが同じというわけではありません。

「生物活性」(「生物学的利用能」とは異なります)とは、物質が吸収された後、実際に体にどれだけの影響を与えるかを意味します。自然界には、Δ2-CBDという1種類のCBDしか存在しま せん。他のタイプのCBDは、合成で作られたり、加熱や加工によって分子が変性したりし たものです。また、同じ植物の異なる部分から抽出されたCBDは、生物活性(力強さ)が著しく低い場合があります。
ある分析研究では、大麻由来の市販CBD製品の生物活性レベルは非常に低く、ばらつきがあることがわかりました。Kriya? Hopsは、少なくとも76%の高い生物活性を持っていました。
The Center of Research and Advanced StudiesのLuisa Rocha博士による最近の研究では、 CBDがてんかんの引き金となるセロトニン受容体を鎮める可能性が示唆されています。3種類の CBDを用いて、ラットの発作を抑制する能力を検証しました。高用量では、合成CBDは発作を 20%減少させ、麻CBDは60%減少させました。Kriya? Hopsだけが、すべての発作を100%止 めることができました。
私たちは、相乗効果のあるテルペンを豊富に含むプレミアムフラワーから作られた、生物活性の 高いホップ由来のCBDが、ペットにとって最高のCBD源であると確信しています。

貧血と甘いもの

ティータイム
なんかとってもほっこりとするし楽しみでした。
家にはいつも何かしらクッキーやチョコレートがありました。

いつの間にかそういう時間がなくなりました。

というか無性に欲しかった甘いものへの渇望がなくなりました。



私の場合は20代の初めからあった貧血が原因していました。

鉄欠乏性貧血があると無性に甘いものが欲しくなったりします。
成人女性の多くが貧血があることと甘いものが好きなことは
おそらく関係しています。

甘いものは体に悪いと我慢する前に
まず貧血がないかどうか
そしてその原因が何にあるのか知る必要があります。

そういえば無性に欲しかったナッツへの渇望も減りました。
これはマグネシウムが関連しているようです。

ティータイム、甘いものは控えめで
ほっこりしたいものです。