思考

こうしないといけない、こうじゃなきゃいけない

そう思っていることってたくさんありませんか?

私は先日夜遅くに急に部屋の模様替えをしました。
ここに引っ越してきて4年以上経つのですが
ソファはテレビの前に置かないといけないでしょと
思っていました。

急にソファってここじゃなくてもいいんじゃないの?って
思って動かしたのですが
今までの思い込みはなんだったの?

こっちの方が部屋が広く感じるし別にテレビを見たい時には
座り方を変えたらちゃんと見えるじゃない。
床に座っても良いわけだしって気づきました。



単に自分の中で決めていることで
息苦しくなっていることってたくさんあると思います。

私は強度の近視です。
若い頃はしっかりと矯正していないと嫌でした。
ある時そこまでしなくても良いじゃないって気づきました。
過矯正していることでいつも眼精疲労だったんです。
そしてぼーっとすることができなかったとも言えるでしょう。

多分誰でも何かこだわりがあると思います。
気づいたら心がガチガチになって体もガチガチになって
しまうかもしれません。

ちょっと見る方向を変えてみると
案外楽になることがたくさんあると思います。

そうそう、部屋の状態は心の状態の反映だとも言われますから
まず自分の部屋を眺めてみると何か気づくことがあるかも
しれません。







睡眠和贫血

休日にゆっくり眠るの好きですか?

私は本当に好きでした。
お布団が気持ちよくてずっと寝ていたい。
お昼寝しても夜になるとすぐ眠れる。

お布団に入ると3分以内に眠りにつくし
当直で起こされてもすぐにまた眠れるし
不眠なんて無縁でした。
なんて幸せな気分なんだろうって思っていました。



それが貧血のためだったと気付いたのは
貧血がなくなってからです。

朝目が覚めたらスッと寝床から出て
よほどのことがない限りもう一度寝るということも無くなりました。

そして一番の変化は昼間に眠くて仕方ないということが
ほとんどなくなったのです。

献血ができても貧血のことがあります

私は献血ができるから貧血はないと思っている人もいると思います。
献血は貧血のあるなしではなくて比重で決めています。

実は貧血でかなり鉄欠乏していても献血ができることは結構あります。

以前献血の後だるくてしんどいと受診された患者さんがいました。
鉄もフェリチンもしっかり少なかったのに
献血したから余計にしんどくなっていたということが分かりました。

寝るのが大好きという人は一度鉄とフェリチンをちゃんと測ってもらいましょう。




体育和克里亚霍普斯

スポーツとCBD
数年前まで休みになると山やスキーに出かけていたのですが
最近はめっきり行かなくなりました。

その頃にKriya Hopsに出会っていたら多分全然違ったのではないかなと
思っています。

と言うのは



山で事故があるたびに言われるのが
自己責任で山に行ったのに税金を使って・・・・という言葉の数々です。

当時私は山岳保険をかけていました。

でも基本は自己責任です。

生身の人間ですから色々なことが起こります。
痛み止めの薬、下痢止めの薬、抗生剤、胃薬、テーピングテープ、包帯などは
いつも持って歩いていました。

あの頃にKriya Hopsがあったら多分薬は持ち歩かなくても
良かったのではないかと思います。

今日は嬉しいことに友人のテニス肘が
1回の水溶性のKriya Hops と錠剤で軽快しました。

辣椒

体が暖かくなる食べ物

日本の多くの季節で桜も終わったのですが
まだまだ朝晩は涼しいことがあります。

冬も終わったからと少し薄着になると冷えてしまう人もたくさんいるのではないでしょうか。
冷え性を改善するのはちゃんと筋肉をつけることが大事です。

でもとにかく冷えた時に速攻に体を温めてくれる食材の一つが唐辛子です。



イタリア語でペペロンチーノは唐辛子のこと。
パスタでペペロンチーノと名前のついたメニューを注文するとしっかりと唐辛子が
入ったピリッとした味のソースが絡めてあります。

食べた後にポカポカと体が暖かくなるのはペペロンチーノに含まれている
カプサイシンという物質のためです。

足の冷えのために靴や靴下に鷹の爪を入れるといいという話を聞いたことは
ないでしょうか。
これも唐辛子です。

内因性カンナビノイド
もカプサイシンが反応するレセプターに作用します。

そしてCBDも同じです。
CBDを摂ると体がポカポカすると感じるのはこの作用のためです。

体が温まる食べ物といえば生姜もあります。
これはショウガオールという物質がやはりカプサイシンと同じレセプターに反応するからです。

このレセプター、カプサイシン受容体TRPV1と言われていますが
痛みにも関連しています。

冷えると痛い、温まると痛みが楽になるという経験はないですか?
風邪の引きかけで寒気がして身体中の関節が痛い時に生姜湯など温かい飲み物を
飲んで体が温まるだけで痛みも楽になるというのも同様です。

実は一般的に使われている痛み止めは解熱鎮痛剤と言われていて
冷やす作用があります。

常備薬として痛み止めと持っている人も多いと思いますが
どう使うか今一度考えてみるのもいいかもしれません。






宠物和中央商务酒店

我可以用CBD作为宠物吗?

在日本,人们越来越关注CBD,不仅对人类,而且对宠物。
考虑美国的现状,以及向宠物提供 CBD 时的注意事项。
以下是约瑟夫博士的博客。

狗的CBD现在比人类的CBD更受欢迎。 但是,我们能否安全地为狗提供与人类CBD相同的东西呢??
据了解,制药公司的止痛药和药物对人类有强烈的副作用,对动物没有多大好处。 因此,牧场主和农民转向天然替代品,CBD拥有压倒性的人气。 康奈尔大学的研究人员说,每天服用两次CBD油的关节炎狗疼痛明显减轻,活动量增加。
2019对癫痫犬进行的CBD研究发现,高血密度的CBD会降低癫痫发作的频率。
一项针对美国2000多名兽医的在线研究表明,以下症状适合用CBD治疗: 疼痛,关节炎,癫痫发作,胃肠道疾病,焦虑和情绪障碍,肿瘤,运动病,烟花爆竹和风暴恐惧症。

请注意,宠物的 CBD 不应包含 THC。 随着马里法纳在许多州合法化,宠物大麻成瘾是联系动物毒物控制中心的主要原因。
大麻是宠物CBD的流行成分。 然而,大麻含有微量的THC,对宠物有害,即使它是“未检测到的”大麻。 在本文中,我们将探讨 CBD 的另一个安全选项。



大麻CBD对狗有害吗?

大麻CBD中的THC对宠物有害。 即使它是微量的。 兽医已经警告过你很多年了
THC 是宠物 “嗨,嗨 “带来一种感觉。 意识是麻麻的,似乎困惑, 行走和维护平衡变得困难。 其他症状包括:

学生放大
多动性
发出一个声音
流口水
呕吐(试图) 尿频

其他问题 暴露于THC也会影响心率和体温。 在严重的情况下,它可能导致颤抖,抽搐,昏迷等。 严重程度取决于THC的数量和其他因素,如宠物的大小。

宠物接触THC的风险和原因


CBD从大麻,这是流行的人类。 许多宠物主人把这种CBD送给他们的狗,他们的猫。 没有不含THC的大麻CBD
因此,它是宠物危险的CBD来源,应该避免。
狗是一种非常好奇的生物。 你可能会认为你用的东西不是宠物吃的东西。 然而,经常接到动物毒物控制中心的电话表明,你隐藏的大麻CBD对宠物有害。

猫往往比狗更挑剔,但如果你在家里种植大麻,你会喜欢咬大麻叶。(注:是一个地区的故事,大麻是允许)包括THC在内的口味对宠物来说相当美味。 甘贾的布朗尼、饼干和巧克力等小吃对他们来说无疑是一种有害的诱惑。

合成CBD也是一个问题,但它对宠物的影响比人类严重得多。

使用跃点的强大替代方案

100%天然植物CBD补充,只使用亚洲啤酒花。
专利(美国专利号 US PP31,477)克里雅霍普植物含有许多CBD,三烯和前酰类黄酮类化合物,这是一种非精神大麻素。 这种植物没有自然的生长THC。:哪怕只是一点点。 用于 Kriya Hops 的啤酒花是用于酿造啤酒的常见啤酒花(Humulus lupulus)我是一个接近的亲戚。 Kriya Hops 是温和的,但它具有强大的效果,以平衡内大麻素系统。
然而,与大麻产品不同,它没有不良影响的风险,如蛀发、偏执狂或认知障碍。

Kriya Hops 中所含的活性化合物作为天然植物神经递质,激活免疫系统、肠道、骨骼和大脑中的 CB2 受体。 Kriya Hops 是一种强大的免疫刺激剂,也可用作促进平静情绪和健康炎症反应的常见补品。

克里娅·霍普斯优于合成和大麻衍生的CBD。

并非所有 CBD 都相同。

“生物活性”(与生物利用不同。)指物质被吸收后实际对身体的影响。 在自然界中,只有一种CBD,即_2-CBD。 其他类型的CBD是由合成或加热或加工引起的分子变性。 此外,从同一植物的不同部分中提取的CBD(力量)可能非常低。
一项分析研究发现,大麻衍生的商用CBD产品的生物活性水平非常低,而且存在差异。 Kriya? 霍普斯的生物活性至少高达76%。
卢萨罗查博士最近在研究中心和高级研究所的研究表明, CBD 可以镇定血清素受体, 触发癫痫. 我们使用三种CBD来验证我们抑制大鼠癫痫发作的能力。 在高剂量下,合成CBD减少20%的癫痫发作,大麻CBD减少60%。 Kriya? 只有霍普斯才能100%停止所有癫痫发作。
我们相信,由优质花制成的高生物活性啤酒花衍生的CBD,富含协同作用的三烯,是宠物的最佳CBD来源。

贫血和甜食

ティータイム
なんかとってもほっこりとするし楽しみでした。
家にはいつも何かしらクッキーやチョコレートがありました。

いつの間にかそういう時間がなくなりました。

というか無性に欲しかった甘いものへの渇望がなくなりました。



私の場合は20代の初めからあった貧血が原因していました。

鉄欠乏性貧血があると無性に甘いものが欲しくなったりします。
成人女性の多くが貧血があることと甘いものが好きなことは
おそらく関係しています。

甘いものは体に悪いと我慢する前に
まず貧血がないかどうか
そしてその原因が何にあるのか知る必要があります。

そういえば無性に欲しかったナッツへの渇望も減りました。
これはマグネシウムが関連しているようです。

ティータイム、甘いものは控えめで
ほっこりしたいものです。